ローラー皿はアルミホイルでくるんで

ローラー皿をアルミホイルでくるんで使うと、洗わずに使えます。後始末の手間も省けます。




塗料が衣服についたときは

まず、汚れてもよい服装で作業しましょう。衣服を汚したら、塗料が乾かないうちにきれいにしておくことが大切です。水性塗料でも、乾くと取れにくくなります。水性塗料は「水」で、油性塗料は「ペイントうすめ液」で、ラッカー系塗料は「ラッカーうすめ液」で、すぐにふき取ります。衣服の場合は、うすめ液でふき取ったあと、中性洗剤で洗っておきます。


残った塗料を保存するとき

油性塗料は、使ったあとフタを堅くしめても缶の中の空気と塗料が反応し、塗料の表面に皮が張ってしまいます。この場合は、その塗料に適したうすめ液を上から少し注いで、フタを堅く締めておけばOK。また缶の直径に合わせて丸く切ったビニールを塗料の表面にのせてフタを堅くしめておくと、皮張りを防ぐことができます。


ハケが固まらないようにするには

ハケやローラーバケは、そのまま放置しておくと固くなってしまいます。今日塗って、明日また続きを塗る場合や、1回塗りが終わって2回塗りまでに間が空くときは、ビニール袋に入れて輪ゴムでとめておけば、空気にふれず、ハケが固まるのを防げます。ハケが固まってしまったときは、ラッカーうすめ液にしばらく浸しておくとやわらかくなります。