■ハケの使い方

塗装中に抜け毛がつかないよう、新しくハケをおろすときは使用する前によくもみほぐします。抜けかかった毛も取り除いておきましょう。
ザラザラした板の表面にハケをなでつけるようにすると、抜け毛がきれいに取れます。この作業をせずに使った場合は、塗装面に抜け毛がついて、仕上がりがきたなくなります。

●ハケの持ち方

1.柄の中心よりやや上を持つ。
2.あまり強く握らない。
3.ハケを楽に動かせるように、ひじや手首にあまり力をいれない。



●塗料の含ませ方

1.毛先から2/3くらいまでを塗料の中にいれる。
2.毛先に塗料をムラなく含ませる。
3.容器の内面に柄が触れないようにする。
4.容器の端で軽くしごき、タレないようにしてハケを持っていく。

●ハケの動かし方

1.塗料をくばる。
2.塗料を広げる。
3.ハケ目を揃えて仕上げる。
4.ラッカーのように乾きの速い塗料はタテやヨコにハケを動かさずに、一定方向だけにすばやく塗って仕上げる。
1
2
3
4

●ハケのあとしまつ

ハケを長持ちさせるには、使った後の手入れが大切。ハケに残っている塗料はヘラなどでしごいて取り除き、新聞紙等にこすりつけて塗料を落とします。その後、使った塗料用のうすめ液で洗い、中性洗剤で洗い上げます。
ローラーバケやコテバケも同じ要領です。
洗ったあとはひもにつるして陰干ししておきます。