外板や塀、柵などは常に日光や雨にさらされて傷めつけられています。
気づかないうちに塗膜が痛み、塗膜の内側の木や鉄が腐食していることがあります。
家の外まわりは、3年に1度くらいは塗り替えるようにしましょう。

■必要な塗料・用具

  • 外部用ステインペイントまたは建物用ペイント(※水性と油性あり)
  • ペイントうすめ液
  • ペイントバケ
  • 水性バケ
  • 皮スキ
  • ホウキまたはたわし
  • マスキングテープ
  • ローラーバケまたはコテバケおよび受け皿
  • サンドペーパー

手順

 

1.汚れ、はがれそうな塗膜を落とす

屋外のものは、ホコリや泥がかなりついています。たわしなどできれいに汚れを落としてから塗装します。はがれそうな古い塗膜があれば、皮スキやサンドペーパー(#100くらい)で落とします。
 

2.塗らないところはマスキング

窓サッシなど、塗料がついては困るところはマスキングテープと新聞紙でしっかりカバーしておきます。
 

3.塗りにくい部分から塗る

すみっこや塗りにくいところは、先にハケで塗っておきます。外板用や建物用の塗料はとても塗りやすく、ハケ運びなど細かいことを気にせずに塗ることができます。
 

4.広い面を塗る

広い面はローラーバケかコテバケを使い、高い所はつぎ柄をつけて塗るとラクです。1回塗って、十分に乾燥させてから、もう1回塗って仕上げます。

注意点

◆高いところを要領よく塗るために

 

1.「つぎ柄」をつける

ローラーバケやコテバケには、付属品としてつぎ柄が販売されています。できるだけ脚立やハシゴに頼らず、安全な作業法で塗装しましょう。
 

2.ハシゴ上では片手を空ける工夫を

ハシゴに登って作業するとき、ハケと缶を持っていては両手がふさがって危険です。ハシゴの側面にS字フックをかければ手が空いて安全。足場やハシゴは動かないよう十分注意して作業しましょう。