シックハウス症候群について(学説)

新築住宅の内装材などに含まれる有害な化学物質が、喘息や頭痛などの健康障害を引き起こします。
家を新築や増改築をしたとき、または同物件に引っ越しをしたときに症状が出たという事例が多く報告されていることから、新築病、リフォーム病とも呼ばれています。

症状例/目がチカチカする、鼻水やくしゃみが出るなどの粘膜の障害、頭痛、吐き気、疲労感、集中力の低下、物忘れがひどくなる、喘息の発作、呼吸器障害など。他の病気の症状と区別がつきにくいとされています。

語源/欧米の文献には見られない用語で「シックビル症候群Sick Building Syndrome」からの日本における造語と思われます。 家の中にある化学物質が原因物質であるという学説が一般的です。



○参考ホームページ
国民生活センター:急増する“シックハウス症候群”
後藤学園:「シックハウス」症候群とは何か

【出 典】
PAINT VISUAL VOL.3 ペイントビジュアル 第3巻 塗料の設計と製造・環境
【発 行】
日本ペイント株式会社 塗料相談室